21年前から自宅の屋根や庭にイルミネーションを飾っています。
屋根の煙突にはサンタクロースがいます、自宅の周囲は
ほとんど畑で冬は殺風景です、そんな冬の景色に,
少しでも暖かさが伝わればと思っています。

2015年12月
入口左側 入口右側 家の東側から
2015年12月の庭の写真です、青いLEDをモミの木に付けました。LEDの光は強いので今までのライトとのバランスが難しいです。毎年増やし全部で約1万個です。モミの木も大きくなりました。 レンガの煙突に登ろうとしているサンタです。一昨年作り直しました
身長180センチの手作りの縫いぐるみです。じっと風雨に耐えています。
シンデレラのカボチャの馬車とシンデレラ城です。
大芝高原のイルミネーションフェスティバル2009に出したものと同じです。ガラスの靴もあります。
2015年12月のトトロと中トトロです。
バス停もあります。小トトロも作ろうと思います。
子供に人気です。

イルミネーションのきっかけは、28年程前、子供がカトリック系の幼稚園に行っていたとき、その幼稚園ではクリスマスの時期に、庭の大きなもみの木に毎年電球をたくさん飾り(この仕事がPTAの仕事、高所作業車を使い大掛かり)クリスマスを祝うことが恒例になっていました。もし自宅を新築したときには、同じように飾って、家族で楽しみたいと思っていたからです

12月1日から12月31日まで点灯します(夕方5時〜10時まで)、中央道伊那インターから北に800メートル
以前は高速道路からもよく見えましたが今は防音壁で見えません

*イルミネーションについて”キリスト教徒でないのに”とか何かとご意見をいただきますが
クリスマスケーキやプレゼントのように、もうすぐあたりまえになると思っています。
イルミネーションの飾り付けは、しめ飾りや門松と同じで、我が家の一年を締めくくり、
来年に向けての一大イベントなのです。

近くのイルミネーションスポット

南箕輪村国道沿い“ゆりの木クリニック”
洗練されたイルミネーション、コンサバトリーもマッチしている